INNER VOICE

サウンドデザイナー知浦伸司の取りとめの無い日々の随想。 ヒーリング、アンビエント、リラクゼーション、ヨガミュージック。自然とのふれあいの中で共鳴する思いを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成さずして成す


すっかり肌寒くなった八ヶ岳の田園風景はとても美しいです。稲穂とそばの花が秋の陽光に輝いています。
この澄んだ光のように宇宙からのエネルギーも常に降り注いでいるのでしょうか?(私はそう信じますが。)そしてそのエネルギー(気)を体の中に循環させることによって体内に気が満ち、少しは前向きに進めるようなのですが、意識的にそれをやるのは大変です。
過去の体験は潜在意識に記録され、ネガティブな体験は体の中にブロックを作ります。そしてそのブロックが光の循環を止めているのだと思います。
過去を消すことはできないけれど、ただそれによって流れをせき止める必要はないのでしょう。(どう転んでも後戻りはできないので。)
流れをせき止めなければ自然に行くべき方向に進むと思います。
「成さずして成す」。
そんな自然体で生活できれば良いですね。
とりあえずあまりいろいろ考えずにまずはブロックを外すこと。
ブロックは何を望んでいるのでしょう。
そのブロックにある感情を無視することは逆の効果を生みます。まずその感情に注目し、そして手放すことが大切です。
リラックスできる音楽を聞いて光の循環をイメージするのも効果的です。
せっかくの無限のエネルギーを受け取らずに努力し、がんばって生きるのにはもう限界が来ているのかもしれません。「成さずして成す」の時代でしょうか。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。