INNER VOICE

サウンドデザイナー知浦伸司の取りとめの無い日々の随想。 ヒーリング、アンビエント、リラクゼーション、ヨガミュージック。自然とのふれあいの中で共鳴する思いを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土と平和の祭典

東京日比谷公園で行われた「土と平和の祭典」に友人の誘いで行ってきました。仕事以外で東京に出かけるのは久しぶりですが、さすがに大都市だけあり人の多さにはいつもびっくりです。その分エネルギーが集まっているのでしょう。
「土と平和の祭典」は2007年から毎年行われているようです。ちょうど今日八ヶ岳でも収穫祭があったのですが、日比谷公園には日本中から食を見直し世界の環境を守り平和な世界にしようと協賛している個人、グループ、団体などが参加していました。コンサート会場では、ちょうどUAが演奏していたので、野外ですばらしい音楽を聴くことも出来ました。
八ヶ岳では自然の中で暮らしているので、土も自然農も有機栽培も当たり前になってきていますが、こうして世の中の流れを感じてみると、それはとても大切なことなのだと感じました。私も畑をやったり庭をいじったりと、日々土と触れているので、野菜を見てもすぐにそれが育っている場面とか、収穫したときに掘り起こした土とか周りの雑草のこととかいろいろ創造するのですが、それを見たことの無い人にとっては、商品としての野菜しか創造できないのかもしれません。これからは量産ではなく心を込めたものが求められてくるように思います。土に触れる暮らしが平和につながるのなら、エコブームと一緒に土に触れるブームを作っていけばちょっとは世の中変わるかもしれません。ファッショナブルに装った人たちもたくさん会場につめかけているのを見て、新しい潮流が、やっと根付いてきたような気がします。きっとすぐにこの新しいエネルギーは広がっていくのでしょう。



スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。