fc2ブログ

森の遊び


秋になり、森で遊ぶ機会が増えてきた。
紅葉に魅せられ、ついつい足が森に向いてしまう。
森の中は、針葉樹のなんともいえない懐かしい匂いがする。

秋にはキノコ狩り。現代音楽家の巨匠ジョンケージもキノコを愛した一人だ。
一つ一つのキノコの形がとてもユニークで、それぞれの音を奏でている感じだ。そして森の中では光っている。

冬が近くなると、リース作りをする。
娘と一緒に森に入り、ドングリ、くるみ、松、野バラの実等を集め、葉っぱが落ちたあけびのつるで輪を作り、取り付けていく。
森の中は宝の宝庫だ。自然のものはどう組み合わせても失敗をしない。
いつの間にか自分が無心になって、わくわくしながらリースを作っている。
この気持ちで創作活動ができれば、どんなに楽しいだろう。

知らないうちに人間は、無心で遊ぶことを忘れているような気がする。
もしかしたら創造の(生む)苦しみは、人間がつくり出したものかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ